京都で着物をレンタルするには何を準備すればいい?

京都で着物や振袖のレンタルや結婚式に招待されたときのレンタル着物などを申し込むと、「では当日〇〇と〇〇と・・・の着物の小物を準備して持ってきてください」と言われます。それぞれ何のことを指しているのか、迷った事はありませんか。私はあります。着物の小物は人によって言い方が全然違ったり、着付け師さんの好みの小物があったりして、その時々で伝えられる必要な小物の数や種類が違うのです。また、着付け教室でも同じことが言えます。着付け教室独自の小物がある場合や必要な数が違い、その小物を買う必要が出てくることがあります。では、一般的に京都で着物をレンタルして着物を着るために準備する必要がある小物を見てみましょう。

必要な小物一式

京都で着物をレンタルした時の経験から、一般的に必要な小物は以下のようなものです。

  • 腰ひも 3~5本
  • 伊達締め 1~2本(ウェストベルトを持っている場合はウェストベルト1本と伊達締め1本でも着付けできます。また、マジックテープで留める幅の広めな和装ベルト(マジックベルトとも言います。)でも代用可能です。)
  • ウェストベルト(腰ひもで代用可能です。ゴムベルトなどともいいます。)
  • 帯枕(ガーゼが巻かれているか紐が付いていてお腹に巻ける状態のものにしましょう。)
  • 帯板(前板)(ゴムなどが付いていて巻いて留めることができるものもあります。)
  • 帯板(後板)(振袖・訪問着の時に使うことがあります。)
  • 襟芯
  • コーリンベルト(着付けベルトなどともいいます。)
  • 三重紐(振袖・訪問着の変わり結び用です。)
  • タオル(または脱脂綿)(着る人の体形によって枚数や量が違います。)
  • 和装用ブラ(最近は洋服用ブラでも気にしない着付け師さんもいます。)
  • 肌襦袢と裾除け(ワンピースタイプの着物スリップなどでも代用可能です。浴衣程度でしたら飾りのないワンピースタイプのキャミソールなどでも代用できるでしょう。)
  • 長襦袢(レンタル品に含まれている場合も多いです。)
  • 半襟(長襦袢に縫い付ける必要があります。)
  • 重ね襟(伊達襟ともいわれます。振袖・訪問着などの正装時により豪華に見せるためのものです。クリップが付いているとより簡単につけることができます。)
  • 足袋
  • 和装用バッグ
  • 草履
  • ショール、羽織などの上着(季節や天候によって準備するのがいいでしょう)

これらの中には京都の着物レンタルショップで準備されているものや、着付け師さんによって使うもの、使わないもの、着物に慣れている人には自分の好みのものなどの違いが出てくる小物が多くあります。代用が可能なものや、現代の素材や技術で進化した横文字の小物も多いですね。

最後に

説明を見ていただくとわかると思いますが、例えば昔なら腰ひもを使用していたけれど、最近はウェストベルトを使用している、など、より着姿が綺麗に見えたり着ている人が楽になったりする小物も増えています。つまり代用は可能だが好みが分かれるというものです。

着付け師さんや着付けの流派によって、必要な小物が分かれますので、不安な場合は着付け師さんに事前に確認しましょう。

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る