結婚式に着ていく着物

結婚式に招待されたら着物を着ていきたいと思っているけど、どんな着物を着ていけばわからない…。そう悩んでいる人は多いはずで、実際結婚式で着る着物には色んなマナーがありますが、それをきちんと知れば大丈夫!今回は結婚式に招待された際のおおまかな着物のマナーや種類について説明していきます。

結婚式で着ても大丈夫な着物とは?

結婚式で着られる着物には振袖、黒・色留袖、訪問着、家紋入りの色無地があります。それぞれの詳細は後で述べますが、特に振袖は未婚者のみ、黒留袖は既婚者のみ着用可能であるため注意が必要です。

結婚式の着物の種類と使い分け

着物で結婚式に参加する場合は、未婚か既婚か、新郎新婦との関係性がどうかで着る着物の種類が異なります。また着物には格式の違いがあるため、選ぶ際には注意が必要です。

振袖

未婚者のみが着ることができる着物です。振袖は卒業式や成人式でよく着られているので、女性にとっては一番着慣れており、また持っている人も多い着物とも言えます。華やかな色や柄が多い着物ですが、結婚式で注意していただきたいのがその色や柄。新婦がお色直しで白無垢から他の着物に着替えるということがありますが、その際に色や柄がかぶらないようにしないといけません。新婦と連絡が取れるなら事前に服装のことを聞いておき、それができなければ他の着物を着用するようにしましょう。

黒留袖

既婚者でかつ新郎新婦の母親や仲人の女性、姉妹や親族の女性が着る格式高い着物です。友人という関係でなければ着用しない方が良いでしょう。

色留袖

未婚者でも既婚者でも着られる着物です。黒留袖と同様格式高く、新郎新婦の姉妹や親族の女性が着ます。格式は紋によって異なり、五つ紋であれば正礼装、三つ門であれば訪問着、一つ紋であれば略礼装として着用できます。

結婚式での着物の色・柄のマナー

新婦と同じ、またはそれよりも目立つ色は避ける

振袖のところで、新婦のお色直しの着物と似た色や柄の着物はなるべく避けるように述べましたが、その他にも新婦の着物より目立つ色や柄の着物も避けましょう。結婚式というのは新郎新婦にとって人生におけるとても大切な式であり、無論その主役は新郎新婦です。華やかな着物を着るのはいいですが、あまりにも目立ちすぎるようなものは着ないようにしましょう。

着物で白はOK

洋装であれば新婦のウェディングドレスの色である白はNGですが、着物であれば白であっても大丈夫。逆に黒は親族が着る色であるので、NGではないものの紛らわしいので黒は避けるのが無難です。

【参考】

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る