子供の七五三に着せる着物

七五三は毎年11月15日に行われる子供の成長を祝う大切な行事であり、現代の日本において子供の着物姿を見られる貴重な機会でもあります。七五三では男の子と女の子では祝う年齢、さらに女の子では年齢によって着せる着物の種類が異なります。また七五三に子供の着付けを自分でしようと思っている方もいると思いますが、その際に注意しないといけないことがあります。子供の七五三をしっかりと行えるよう、性別、年齢による違いや着付けについて確認していきましょう。

男の子の場合

男の子が七五三をする年齢

男の子は3歳と5歳になったら七五三を行います。ちなみに昔は数え年で行われていましたが、現代では満年齢で行うのが一般的です。

男の子の七五三の着物

男の子は袴を履いてお祝いをします。3歳でも5歳でも袴の種類や小物などは変わらず、黒の紋付けや羽織、袴、扇子、懐剣、雪駄などが必要です。しかし男の子は特に小さい頃だとあまりじっとしたままにはできず、着物を着せるのが大変ということがあるので、その場合は洋装でも大丈夫です。

女の子の場合

女の子が七五三をする年齢

女の子は3歳と7歳の時に祝います。男の子であれば3歳でも5歳でも作りが同じ袴を着せても大丈夫ですが、女の子の場合3歳と7歳と男の子よりも年齢に幅があり、それに伴って体格も変化しているため、作りが異なる着物が必要になります。

3歳の時の着物

3歳の七五三では大人の着物とは異なる三つ身という、幼児用にお腹周りをゆったりと締める着物を着せ、その上に被布という袖がない上着を重ねます。

7歳の時の着物

7歳になると大人と同じように帯を締めて着物を着ることになります。着物は体格によってことなるものの、四つ身か本裁ち四つ身(大人用の着物と同様の裁ち方で作られた子供サイズの着物のこと)という着物から選ぶことになります。

着付けの際に気を付けること

着せる前にトイレに行かせる

着物を着ているとトイレをするのが大人でも大変な服です。子供ならなおさら大変であるので、着ている間にトイレをさせないように、着付けの前にトイレに行かせ、その後水などを飲ませないようにしましょう。

女の子の場合、3歳と7歳で着付けの仕方が違う

上記のように、女の子は3歳と7歳で着る着物の種類が異なり、当然その着付け方も異なります。3歳の時の着付けで大丈夫だろうと思って7歳の七五三に挑んでしまうと、着物を着せることができずに困ることがあるかもしれないので、7歳の七五三で着付けをする場合は気を付けましょう。

【参考】

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る