着物で出かける時の注意点

現代では卒業式や成人式などの特別な行事や、お茶会などのお出かけで着物を着ることがあります。しかし、私達は普段洋服を着て過ごしているため、着慣れていない着物で出かけるとなると大変という方が多いはず。

今回は着物で出かける時に気を付けたいことについて説明していきます。

歩き方に注意

着物を着ているときはすり足で歩きます。洋服だと大股で歩くことができますが、着物でそれをしようとすると裾が邪魔なため難しく、裾がはだけてしまうこともあります。すり足で歩くと下腹部分に力が入り、また草履や下駄を履いているため足の指、特に鼻緒を挟んでいる親指と人差し指に力が入ります。そのため着物を着慣れていない間は着て歩いているだけで疲れてしまいますが、その分力を使っている部分の筋肉が鍛えられ、着ている内に疲れなくなるだけではなく体が鍛えられます。

階段を利用する時は

また階段を昇り降りする際にも注意が必要です。洋服の感覚で階段を利用すると裾が地面に着いて汚れてしまったり、はだけてしまったりする恐れがあります。着物の場合は足を上下に動かしやすいぐらいに裾を若干つまんで、階段を昇り降りするようにしましょう。

着物で座る

着物では特に背もたれがある椅子に座る際に注意が必要です。洋服であれば背もたれに背中をぴったりとくっつけることができますが、着物だと背中に帯の結び部分があるため、そうしてしまうと帯の結びの形が悪くなってしまいます。着物で椅子に座る際には、帯の結び部分を考えて背もたれとの間隔を空けるように浅く腰掛けて座りましょう。ただし車や電車といった交通手段などで長時間椅子に座らなければいけない場合は、背中部分の結びがあまり大きくない結び方で帯を巻くか、長時間座った後で取り付けタイプの結びをお出かけ先で付けると良いでしょう。

また振袖で椅子を座る際には帯だけではなく袖にも気を付けなければいけません。振袖の袖は他の着物と比べてとても長く、そのまま座ってしまうと袖が地面に着いてしまい、袖が汚れるばかりではなく、だらしない印象を与えかねません。振袖は特に卒業式や成人式など着ている本人が主役である場合で着られることが多く、またその際に写真を取られることもあるので、袖のことは特に気をつけなればいけません。振袖で座る際には、まず袖を体の前に出しひざ掛けのように膝の上に重ね、地面に着かないようにしましょう。

【参考】

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る