着物の染め方について

着物の種類を分ける要因としては染め方があり、それによって着物の値段や出来が決まるといっても過言ではありません。着物に関心のある人であれば、染め方を覚えておくと目利きに役立ちます。今回は数ある染め方の代表的なものを紹介していきます。

着物の染め方の種類

友禅

着物に詳しくない人でも一度は耳にしたことがある染め方ではないでしょうか。江戸時代に京都で誕生し、多色使いで柄を描くために下絵で描いた柄に沿ってのりを薄く塗って隣の色同士が混じり合わないように除染をし、それから色を置いていくというのが特徴です。友禅は発祥地である京都で染められた京友禅の他にも、現在の石川県である加賀でできた加賀友禅、また東京友禅もあります。また友禅は染められる土地での区別の他に製作過程の違いでも種類が分かれており、除染作業をしないものは書き上げ友禅、型紙で柄を描いていくものを型友禅と言い、他にも様々な種類の友禅があります。また最近では機械化が進んだこともあり、プリントして柄を描いていく友禅もあります。

江戸小紋

江戸小紋はその名の通り江戸時代に誕生した染め方です。誕生した当初は裃という大名が着用する着物用に考えられたものですが、江戸中期になると庶民、特に女性の着物にも使われ始め、徐々に庶民層に広く普及していきました。江戸小紋の特徴としては基本的に一色染めで柄がかなり小さいことが挙げられ、特に柄は小さければ小さいほど着物の格が高くなります。着物が一見無地に見えるほど柄が小さく一つ紋が入れられているものであれば、結婚式などで色無地として着用していくことが可能です。

絞り

糸を手作業などで絞って着物を染めていくのが特徴です。染めていくのにかなり手間がかかるため、作業工程がすべて手作業であればかなりの高級品となります。振袖など華やかで豪華な着物の染め方として使われていることが多く、また絞り方によって総絞りや一目絞り、京極絞りなど様々な種類に分けることができます。

着物の染め方によっては高価買取も

着物の値段を左右する要素の一つに染め方があります。染め方によっては高度な技術を使って染めている分、希少で国内外からの評価が高いというものもあります。そういった着物は当然高額で買い取ってもらえるので、不要になった着物を売る際にはその着物がどのような染め方で作られているかということを念頭に置いておくのも大切です。

【参考】

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る