履いても痛くない草履、もしくは痛くならない方法

着物を普段着として着用していない現代でも、結婚式やお祭り、成人式といった様々な行事で草履を履かなければいけなくなることがあります。しかし草履に履き慣れていないため、履くと足が痛くなるため、草履を履きたくないという人は多いも多いはず。そこで今回は草履を履くことになったときのために、足が痛くならない草履の選び方と対処法について説明していきます。

履いて痛くない草履の選び方

サイズが合っている、または少し上のものを選ぶ

草履も普通の靴と同じように、自分の足のサイズに合ったものを履かないといけません。サイズが合っていないと、履いている時に足が窮屈に感じたり歩き方が変になったりして無駄に疲れてしまう恐れがあります。さらに人によって足の形、また草履の形もそれぞれ異なるため、サイズは合っていても窮屈で歩きにくくて痛みがあるといった場合もあります。そういった場合にはサイズが上の草履を履いてみて、自分にとって一番歩きやすくて痛くないものを選ぶようにしましょう。

鼻緒が太いものを選ぶ

鼻緒が細いと足の親指と人差し指の間に食い込みやすくなり足が痛くなります。そのため鼻緒は太いものを選ぶようにしましょう。具体的に言えば、鼻緒の太さが20mmほどであれば、皮膚に食い込みにくく履きやすくなります。

痛い時の対処法

履きならす

新品の草履であれば鼻緒が硬いため、靴ずれのように足が痛くなってしまいます。そのため新しい草履を履いて出かける前に慣らしておくのが良いでしょう。履きならす際には徐々に履いている時間や歩く距離を長くしていきます。履きならすことによって草履で歩いても違和感を覚えることがなく、さらに鼻緒が少しずつ柔らかくなっていきます。お出かけで歩く時間ぐらい草履を履いていても足が痛くならなければ、草履でお出かけをしても大丈夫ですが、それでも足が痛くなりそうになった場合は、鼻緒と接する部分に絆創膏を貼ったりベビーパウダーを塗ったりして皮膚を保護するようにしましょう。

歩き方を改善する

草履の履き方は、まず鼻緒が足の親指と人差し指の一番奥まで深く入れます。この時に鼻緒がねじれてしまわないように注意しましょう。草履を履くと小指やかかとがはみ出てしまいますが、それはサイズが合っていないというわけではなく、そもそも草履から多少はみ出るのが普通なのでご安心を。草履で歩く時にはあまり足の力を入れず、つま先立ちのように前に重心をかけるように歩きます。大股で歩くと着物の裾がはだけてしまうので、歩幅は狭く底を引きずらないように気を付けましょう。

【参考】

メニュー

参照元カップル着物に似合う組み合わせ

トップに戻る